歯医者さんの探し方と選び方【2024年最新版】

高村歯科受付

歯医者さんの探し方・選び方ガイド【2024年最新版】

東京都内で歯医者さんを探す時、皆さんはどのように探しますか?そして、どのようにその歯医者さんを選びますか?

東京都内でも23区内と中央線沿線や私鉄沿線など歯医者さんの探し方の基準が多少異なるかもしれません。東京都と比べると千葉県や埼玉県や神奈川県は車での移動が多いという方もいらっしゃるように少し違うかもしれませんが、探し方や選び方は基本的には一緒です。

お金と時間をかけて治療するわけですから失敗したくありませんよね?
痛い思いをするわけですからきちんと良い歯医者さんを選びたいですよね?

なるほど!となるような理由もちゃんと解説しますので、もしかしたら皆さんの「良い歯医者さんの基準」が変わるかもしれません。

少しでも皆さんの歯医者さん探しのお役に立てればと思います。

普段の治療から拡大鏡を使用しているかどうか?

歯科治療には一般的な「虫歯の治療」から歯の神経を取る「根管治療」など様々な一般歯科治療がありますよね?このような治療でも当たり前に拡大鏡を使用しているかどうかです。

たとえば歯を型取りすると被せ物を装着しますが、その時にはみ出たセメントなどを取る時に拡大鏡を使用しているのと使用していないとでは、細部の仕上がりが大幅に変わってきます。

裸眼だと通常の視力で見えている範囲だけ綺麗にするだけですが、拡大鏡を使用するとより細部まで的確に処置することができます。

歯科医師は目を酷使する職業なので、特に年配の先生であればあるほど必須のツールと言えると思います。

なので、歯科医院で普段から拡大鏡を【使っている・使っていない】というのは「現代の歯科選びの基準の1つ」と言えると思います。

その歯科医院の得意な治療が明確かどうか?

歯医者さんの入り口や看板などを見たことはありますか?

「歯科(一般歯科)」「矯正歯科」「小児歯科」「歯科口腔外科」と、この4つを表記することが厚生労働省で決められていています。

歯科医院の先生は、それぞれ歯学部で専攻したものが「得意な治療」となることが多いのです。

「小児外科」「一般歯科」では「口腔外科」ほど抜歯を行う数は多くない。
(まあ抜歯が得意な先生の場合も稀にあるのでしょうが・・・・)

お子様の診察を行わないところ(苦手の場合も)なら「小児歯科」の表記はないところが多い。

「口腔外科」でインプラント治療を数多く行っている所では、親知らずの抜歯なども比較的安全に行えるだけの設備(CTやデジタルパノラマレントゲン)や技術(経験が多いので)があると考えてよいでしょう。

最近は歯科医院の看板などの表記にも「歯周病」とか「インプラント」とか出ていますよね?

歯科医院によっては「歯周病学会認定医」とかの表記もありますが、「インプラント」と「歯周病」は密接な関係にあるので、専門医でなくても十分に口腔ケアができると思います。

定期通院によるメンテナンスの重要性などもきちんと説明してくれる歯科医院であればより安心と言えると思います。

インプラント治療は究極の審美治療

インプラントは噛む機能を回復することができる素晴らしい治療です。

インプラント治療は究極の審美治療で、見た目も機能も追求できるのがこの治療の素晴らしい所です。

インプラント体の埋入から被せ物の装着まで見た目もしっかりと計画して行う治療です。

ただ注意しなければならないのは、審美性はそこそこで「噛む機能だけを追求する先生」も世の中には存在します。

「今まで噛めなかったのが噛めるようになったんだから・・・」と見た目(審美性)がダメだったら悲しいですよね?

長年抜けた歯をそのままにしていた方などは歯茎が痩せてしまっている場合があります。歯茎が痩せてしまった方だと被せ物と歯茎の間から金属が見えてしまう場合もあり、どこが完成の合格ラインなのか?というのが難しい所です。

比較的安価な1ピースタイプのインプラントは2ピースインプラントに比べたら審美性に劣ります。

2ピースはまず骨にインプラント体(フィクスチャー)を埋入します。被せ物の土台になる「アバットメント」は向きが変えられるので審美的にずぐれているのですが、1ピースは被せ物の土台まで一体構造なので、埋入ではなく「植立」になり、まっすぐで向きが変えられないので削る必要がでてきます。
特に上の前歯は口を開いた時や笑った時に見える箇所でもあるので、これからインプラントの歯医者さんを探す場合には注意が必要です。自分の欠損している箇所と照らし合わせてみましょう。

もちろん1ピースでも安定して良い結果を残している歯科医院も中にはありますが、その場合にはホームページなどにも症例などがきちんと出ている場合がありますので、直接先生に聞いてみると良いでしょう。

当院で使用している「ジルコニアインプラント」は金属アレルギーをお持ちの方や脳のMRIが心配という方が安心できる「メタルフリー」だけでなく、見た目(審美性)を追求したインプラント治療と言っても過言ではありません。

通常のインプラントは土台が金属なのに対し、ジルコニアのインプラントは土台の部分が「白」なので、当院の被せ物はフルジルコニアやジルコニアボンドを装着するので透過した時に金属のように暗くならないのが特徴です。

インプラント治療料金
インプラント治療料金 港区の高村歯科医院のインプラント治療は患者さんの顎骨の状態に適したインプラントメーカーを選択します。CTやレントゲンで口腔内の(歯肉や骨の状態、歯周病、噛み合わせなど)状況を確認し、患者さんそれぞれにあった治療をご提案...

よって「究極の審美治療」と言っても良いのではないでしょうか?

場所の近さで歯科医院を探す

抜歯の方、虫歯の方、根管治療の方、ホワイトニングの方、ご自分の症状により歯医者さんの探し方は異なります。

労力をかけずに手軽に治したいとお考えの方も多いと思いますが、手っ取り早く安く短期間でと都合の良い探し方では良い結果が得られないこともあるので注意が必要です。

結構大変な口腔内の方が面倒臭さがったり無精をするとしまいには余計に時間と費用がかかってしまう場合もあるからです。

また、東京都内と郊外とでも探し方の状況は変わってくると思いますので、自分の口腔内の状況を知ることが大事です。

千葉や埼玉、茨城などでは歯科に行くのに車で30分かかるなど当たり前の地域もありますし。

特に大きな金額のかかる矯正治療やインプラント治療などで鹿を探す場合には慎重に選ばなくてはいけませんからね。

自分の口腔内の状況を把握して適した歯科医院を探す

歯科医院を探す時に「なるべく近場で」という探し方をする方は多いと思います。

昔、重度な口腔内の症状で大学病院に紹介した患者さんが「もっと近場で無いですか?」と言うのです。

言うならば「それだけ難しい症例なんですよ!」って事なんですが、不精なんでしょうか?

1本、2本だけが欠損していて骨も十分にある場合の単純なインプラントの埋入や簡単な抜歯ならどの口腔外科の歯医者さんでもある程度は問題無いでしょうが、

もっと近くに他に通えるような歯科医院があるとか、自分の口腔内が大した事が無い症状と思っている方もいるんですよね。

たまたま指定病院などから1駅2駅の所に住んでいる方なら通うのも楽ですが、そうでない場合もあると思います。

ですが確実に言えることは、自分の口腔内に適した治療を行ってくれる歯科医院を探すことが重要で、高齢の方や身体に不自由の無い方であれば東京23区なら1時間程度で移動できる範囲は許容範囲じゃ無いでしょうか?

たまたま交通の便が良かったり近ければラッキーですが、そうでなくてもきちんと治るのであれば、多少遠くてもきちんとした設備と技術と経験を持った歯科医院に通うべきです。

なので、自分の口腔内の状況をしっかりと把握して、自分の症状を直してくれる歯医者さんに通うべきだと思います。

治療の内容別に歯科医院を探す

虫歯・根管治療

「虫歯の治療で行った歯医者が虫歯の歯を削ってくれなくて治してくれない!」

だからその歯もダメになり虫歯も増えた!と、怒り気味にお話しする患者さんがいました。

その先生はなんで削らなかったのか?(これが正解なんですけどね)

その答えは「軽微な虫歯だったから」「天然歯を削ると元に戻らない」からです。

削ったところはまたいずれ虫歯になる確率も高くなります。だから削らなかったのでしょう。

それを知っておくだけでも全然違うでしょう?削って詰めるのは最終手段なんですね。

昔は削って銀の被せ物や詰め物をした記憶がある方も多いと思います。最近は保険診療でもレジンなどの白の素材が多く使われており、範囲によってですがこれをセラミックやジルコニアで修復すると自費治療になります。

根管治療は神経を抜くので死んだ歯になります。

もし根管治療(歯の神経を抜く=抜髄)するのならば

裸眼<拡大鏡<マイクロスコープ(自費治療)と精度は異なりますが、マイクロスコープだから大丈夫といったようなこともありません。

あと、「何回も何回も通院させられてグリグリされてなかなか終わらない」と嫌な思いをした方も多いのではないでしょうか?実は、ほんの数回の通院で終わるのがいい歯医者さんというわけではありません。

ですが、数回程度の適当な通院で終わりのところはちょっと怖いですね?

歯の箇所や人によって歯の根っこは複雑になっている方も多く、後々にどのタイミンでかは分からないですが治療した箇所が急に痛くなったりすることもあります。

よく台風が来た時、飛行機に乗った時など気圧が関係する時もあることも・・・

根気よく通うのは大変かもしれませんが、しっかりと「よし!これで大丈夫!」というまで治療してくれる歯医者さんを探すのがいいでしょう。

抜歯・親知らずの抜歯

これは間違いなく「口腔外科」です。

特にインプラント治療を数多くやっている歯科医は抜歯の数が圧倒的に多く、難抜歯も多く経験しています。また、CTなどの設備や器具なども整っているので安心できると思います。

慣れている先生であれば1本あたりの抜歯にかかる時間も短く、術後に腫れにくいかもしれません。個人差があるのでまったく腫れないとは言えませんが・・・・

もし歯を抜くところにインプラント治療をお考えであれば、「抜歯は必ずインプラント治療を行うところで」抜くのがいいでしょう。

後のインプラントを視野に入れた抜歯なのか?何も考えない抜歯なのか?では異なるからです。

一般歯科で抜歯を希望したら「大学病院を紹介しますね」と言われるケースもよくありますね。

こういった場合にも「次の治療」を考えた抜歯をするのが望ましいので、もしインプラント治療をするのであれば、その旨を伝えて抜歯するのがいいでしょう。

「自分の置かれている環境」と「症状によって」

その探し方ができるのは「自分の置かれている環境」と「症状によって」ですよね?

たとえば「職場の近くで」とか都心のオフィス街とかなら比較的簡単に歯医者さんは探せると思います。

東京都内ならばそれだけの治療設備の整った歯科医院もそれなりに多いのですが、東京郊外の歯科医院であれば車での移動も視野に入れる場合も多く、その数も少なくなります。

例を挙げると沿線の駅前などは数軒の歯科医院が必ずありますよね?口腔外科が得意な歯医者さん、小児歯科専門の歯医者さん、矯正治療の歯医者さんなどさまざまな歯医者さんがあると思います。

上記にも書きましたがインプラント治療希望の方は小児歯科、一般歯科などには足を運ば無いでしょう。

きっとインプラント治療をホームページなどに掲げていて設備など実績がちゃんと書いてあってという所を選ぶでしょう?

簡単な虫歯ならどの歯医者さんでも問題ないと思いますが。

でもきっと人気の歯医者さんは予約がいっぱいのはずです。

待つのが嫌いな忙しくて時間が無いという方もいらっしゃいますが、治療の「ゴールをどこに設定するか?」です。

歯医者さんの中には15分刻みで行けば必ず待つという歯科医院もあります。それは保険診療中心でだいたい30分の時間枠を取り、正味の治療時間は15分から20分程度でしょう。

患者さんが待つ前提で予約を取るので1回での治療範囲は限られてしまいます。

自由診療であれば正味の治療にかかる時間で時間枠を設定しますので1回での治療範囲は保険診療中心の歯医者さんよりも多いので治療は進みます。

通っても通ってもなかなか治療が進まないのでもっと1回で時間をかけて診て欲しい!と思った方も多いのではないでしょうか?

保険診療は「時間をかけて診て欲しいと思っても診てもらえない」のです。そう法律で決まっているからなのです。

これを知っておくだけでも歯医者さん選びに役に立つのでは無いでしょうか?

自由診療(自費治療)は歯医者さんが儲けたいから?

よく、「あの歯医者は何枚もちょこちょこレントゲンを撮って儲け主義の歯科だ」とか「やたら自費治療を勧めてくる」

だから儲け主義の歯医者なんだな!みたいな事を患者さんから聞きます。

もし歯が1本無くなった時、選択肢は「ブリッジ」か「インプラント治療」になります。

もし放置したままにすれば骨は痩せていきます。

特に前歯ならば骨の吸収(痩せる)のはとても早く、骨が吸収すると同じく歯茎もどんどん痩せていきます。

もし金銭面での都合で「ブリッジ」にしたとしましょう。両サイドの健康な歯を削る事になるので削った歯(天然歯)は元に戻る事はありません。

しかも削った歯は虫歯になるリスクも高くなります。

真ん中の抜けた歯の部分はそのままなので、骨は痩せて歯茎も痩せてしまいます。

後に、「やっぱりインプラントにしたい!」となった場合、抜けた歯の部分は時間が経過していると骨が痩せている可能性が高いので、

インプラント治療をなると十分な骨量を確保するために骨造成術が必要になる可能背が高くなります。

そうなると、当然ブリッジよりインプラント治療を勧めますよね?

レントゲンは何枚撮っても確認のためなので、枚数が多くてもそんなに患者さんの負担にはならないはずです。

それだけきちんと確認しているという事なので良い歯医者さんなのでは無いでしょうか?

ブランド志向・高級思考の患者さんは大学病院?

「私はずっと◯◯大学の◯◯先生に通っておりますの」「あそこの歯科医院の先生は◯◯大学の先生で・・・・」

過去に女性の患者さんで誇らしげに話す方がいらっしゃいました。

大学病院神話説とでも言うのでしょうか?技術の最高峰が大学病院と思っている方が稀にいらっしゃいます。

ですが、教授クラスの著名な先生であればあるほど毎回毎回◯◯先生が診てくれるという事はありませんでしょう。

それにお薬もらう時に混む、会計や診療までかなり待つといったネックもあります。

大きな病院は街の地域診療を守る立場にあるので治療価格も高く設定されている事も多く、勤務医に経験を積ませる施設でもあるので大学病院だから安心だというものでは無いのです。

あえて高級思考と書いたのは、「高級だから安心」という考え方をする方がいらっしゃるからです。

もちろん大学病院には様々な診療科目や診療科があり、何かあった時には他のかもあるので安心ですが、大学病院だから技術が上とか安心といった確実性はありませんからね。

「安くても良いのはいっぱいある」というのとは考え方が違いますが、「質が高いというのはそこじゃなんいですよ!」と、そのような思考の患者さんには理解してもらいたいです。

脳外科などであればMRIなどの大きな機材は大学病院であればとても優秀な設備を投入したり、そういったのは「さすがは大きな病院」となりますが・・・・

個人の歯科医院であれば導入しているCTなどの設備もピンキリで、虫歯治療程度ならCTは必要ないですし(親知らずの抜歯を除く)技術面では街の歯科医院の方が高いところも多いですからね。

結局は担当する術者の経験がモノを言うといったところでしょうか?

インプラント治療での歯科医院の選び方【2024年最新版】

過剰な宣伝には注意が必要

東京都内で「1本◯○円インプラント」と価格の安さを謳った歯科医院は少なくなりましたが、地方などではたまに見かけますね。

最近は郊外看板に「顔」を入れて「インプラント」と「歯科医院名」の宣伝をするところが増えましたが、既にその先人がいるのに真似て同じような宣伝方法をするのは何故でしょう?って不思議に思います。まあ、これは広告代理店もいけないんですけどね。

問題はその広告にかける宣伝費用です。1度目立つようにやってしまえば広告を止めた時に印象が悪くなります。

「費用をかけるのはそこじゃないんじゃない?」って気づいた先生方はこの手法はもうやらないでしょう。

ですが、患者さんに「◯◯治療は◯○歯科医院」と印象を刷り込むには十分で、最近ではセラミック治療などでも「モニター募集」といった広告を見かけます。

これには気をつけなければいけませんね。

何にでも「適正」というのが必要なのです。

安いインプラントは注意が必要

低価格を謳ったインプラント治療の場合には必ずメーカー名を確認することです。

最近の多くの歯科医院は高性能な海外メーカー製品も含めて国内外複数のメーカーの製品を取りそろえている傾向があります。

複数の製品を扱っているという事は、治療適応の幅や治療の方法や選択肢(アプローチの種類)が豊富であると言うことです。

インプラント治療を行う歯科医院の中にはどこのメーカーのインプラントを使用しているのかを伏せているクリニックもありますが、近年の状況を考えると患者さんの転勤や引越しなどもあり、またメーカー側や大きな学会でも患者さんに使用するメーカーを伝えることを推奨していますので、きちんと聞いておくのが望ましいです。

シェアの低いメーカー製品であれば、「ん?これどこのメーカーなの?」といったこともありますし、次の行った歯科医院で診てもらえない可能性があるからです。

その場合には事前にしっかりと確認して教えてもらえるなら問題無いかも知れません。

ただ、その歯医者さんのホームページなどに、「そのインプラントを使っている理由」や「製品の特徴」「実際の症例・結果」などがそれなりに出ているのであれば多少説得力はあるのではないかと思います。

過去の傾向からすると過剰な広告宣伝など「安売りインプラント」を推している場合、経営や広告宣伝に無理があり10年以内に閉院したケースも数多くありましたので、保証や転院の場合のことも考えてから治療を決めるのがいいようにも思います。

説明が十分であること

メーカーが違えば製品の特徴も違ってきますし、製品が違えばそれぞれにメリット・デメリットも違ってきます。

メリットだけでなくデメリットやリスクについてもしっかりと説明するのはもはや当たり前であり、歯科治療はサービス業ではなく「医療」なので患者は客では無いですから決して先生が愛想が良い訳ではありません。

ですが、先生の説明が短絡的で無愛想だったり少しでも不信感がある場合には違う歯医者さんを選んだ方が懸命です。

その点を踏まえて信頼できるクリニック・歯科医を選ぶようにしましょう。

インプラントメーカーのシェア

インプラントメーカーの日本国内のシェアはご存知でしょうか?

2023年に発表された最新の統計ではインプラント業界の数字では以下のようになっています。

まず、1位のストローマンジャパン「SL Active」という表面構造を持つインプラントで骨との結合が比較的短期間で着く構造のインプラントが人気になり、国内で33%のシェアを持つメーカーです。

次に2位、ノーベルバイオケアが続きシェア14%。

3位は当院でも使用しているアストラテック「デンツプライシロナ」の取り扱いする製品で13%の国内シェアがあります。

4位は国内メーカーの京セラ「ファインシアインプラント」が9%。国産メーカーでは日本トップシェアのメーカーで、京セラといえば誰でも知っている会社名だと思います。

世界一の販売数を誇るオステム社は日本では7位ですが、日本国内での伸び率も25%と驚異的で多くの歯科医院からの支持を得ています。

オステムはヨーロッパでも圧倒的な人気ですからね。

インプラント製品の進歩

ここ数年は製品の進歩が凄く感じます。

では、どのような箇所が進歩しているのでしょうか?

主に

  • 骨と短期間で結合する表面処理
  • 長期間維持に適した横溝の形状
  • ネジ(接合部)の緩みにくい形状
  • 被せ物の土台(アバットメント)の長さや形状
  • 埋入のしやすいスレッド形状
  • 初期固定のしやすい形状
  • 軸になる「純チタン」や「チタン合金」の強度も頑強に

この様な点が年々進歩しているのです。

ストローマンの「SL Active」と同じような表面構造が各メーカーから新製品で出てきており、今やブームと言ってもいいほどフィクスチャーと骨との結合性能がアップしているのです。

ですが、時代に取り残されたかのように新製品を出さないメーカー製品もあり、安売りに転じているメーカーもあります。

危険な安価な国産インプラント

要は、1番注意が必要なのは「国産のインプラント」ではなく「安価な国産のインプラント」ということです。

上記にも書いた「ファインシアインプラント」は京セラメディカル社の製品で、国産のインプラントではトップシェアのメーカーです。

日本のインプラントで最も歴史が長く実績も十分。2ピースタイプのシェアが多く、最近では1ピースタイプのインプラントも着実にシェアを伸ばしており、1ピースタイプのインプラントの販売も国内No.1のシェアを誇ります。

ファインシア製品は今までのPOIインプラントの欠点を補った製品で、こうした様々な大手メーカーは他メーカーの良さを取り入れたりして新製品が誕生するのです。

軸になる「純チタン」や「チタン合金」の強度も頑強になり、表面構造なども新製品と旧製品と比較するとその進歩と性能の差は歴然です。よって国産インプラントでも安心できると言えると思います。

この差は言うなればインプラント治療の歴史の差と開発資金力です。

インプラントの新製品開発には日本全国の京セラインプラントを使用する歯科医院から治療に関する報告を基に臨床・研究が日々盛んに行われ、大きな学会などで著名な先生が論文等も含め発表を行います。

莫大なユーザー歯科からの豊富なエビデンス(根拠)に基づいて開発・製造が行われているからこそ、京セラのインプラントは高い性能と信頼性と得ているのです。

これがこの躍進的な進歩の時代では当たり前なのですが。

具体的には1本10万円~20万円台くらいの低価格インプラントについてはちょっと疑ってかかった方が良いかもしれません。

その低価格インプラントはほとんどが国内でシェアの少ないメーカーの1ピースタイプのインプラントを使用しているのが現状です。

国内シェアは数%、新製品も販売せず進歩もしていない製品も出回っているのも知っておかなければいけません。

なので、安価な国産インプラントには注意が必要なのです。

ちなみに2ピースのインプラントの場合はフィクスチャーを骨に埋めるので「埋入」と言い、その後アバットメントを装着しますが、1ピースインプラントの場合は被せ物の土台(アバットメント)もはじめから一体になっており、植えるような感じになるので「植立」という言い方をします。

インプラントの種類と価格相場

世界的主流は2ピースタイプのインプラント

インプラントには大きく2種類あり

世界的にシェアの多い「2ピース構造」のインプラントと、一体型構造の「1ピース構造」の2種類があります。

高村歯科インプラント価格2024

上記の図は「2ピース」のインプラントで、フィクスチャーは歯肉を切開し骨にフィクスチャーを埋没させます。

前の項で説明しましたが2ピースは「埋入」と言います。

価格の安いインプラントのほとんどは「1ピース」

1ピースはアバットメントも一体型構造になっていうので手術が1回で済みます。

価格の安いインプラントシェアの低いメーカー製品を使用し「1本◯○円」と価格の安さを売りにしていますので注意しなければいけません。

ただし国内シェアの多いメーカー製品であれば10年保証など製品もしっかりしており、どのメーカー製品を使用しているか?を確認するのが望ましいです。

手術後に骨とインプラントが結合していない状態でもフィクスチャーが出っ張っていて噛めてしまうのが難点です。(本当は噛んではいけませんのでちゃんと先生の指示に従って注意が必要です)

インプラントの価格相場は?

1本だけ歯が欠損していて骨も十分にある比較的簡単な症例であれば

東京都内の場合 1本「40万〜45万」くらいです。

これは2ピースタイプのインプラントで治療を行った場合です。

この金額に「CTによる画像診断、お薬、仮歯、通常の被せ物」が含まれている場合が多く、(一部の歯科では画像診断が別料金という感じでしょうか?)

別途料金になるのは「十分に骨量が無い場合」などです。

症状によっては「骨造成」が必要になります。

厳密に言えば「抜歯してからインプラントの埋入」の場合にも抜歯は別途費用になりますしね。

当院では患者さんの精神的負担、肉体的負担を軽減するために「静脈内鎮静法」を使用し治療を行うので麻酔科医と一緒に手術に手術を行います。

本当は患者さんの症状によっても金額な異なるのが当たり前なのですが、決まりで被せ物も込みの総額の金額表示させなければならないのです。それって難しいですよね〜

被せ物にも「フルジルコニア」や「ジルコニアボンド」など種類があり、患者さんが「こっちがいい」と選ぶ時もありますので、込み込みの総額表記は不可能に近いのです。

「メタルボンド」など被せ物の内側が金属で、外側がセラミックといった素材がありますが、数年するとやはり欠けてしまったり、欠けたとこを修復してもまた同じ所が欠けるといったご不便が生じることが多いので、当院では被せ物の素材にも金属を使わないセラミック以上の材質にし、そのような素材は使わないようになりました。